個人個人の成長があるから会社が成長する。
だからこそテイクスには個人を尊重する風潮があります。

Kenta K.
事業部長
中途入社 10年目

チャンスは平等、老若男女は問わない。
それがテイクス。

今でも入社した時に、社長の常世と話したことをよく覚えています。

前職はファシリティ系の会社の経理をやっていました。IT業界のことはそれなりに知っていて、興味もありました。
そんな時に前の会社を退職することになり、転職活動をしているときに、たまたまテイクスの求人を見つけたんです。
運命だったんですかね(笑)そこから私のエンジニアがスタートしたんです。

今のテイクスにはテイクスラーニングシステムがありますから、老若男女問わないですね。
例えば45歳くらいで転職を考えている方は年齢制限などがあってなかなかチャンスが生まれない。
しかし本人の強い決意さえあれば、そういう方たちにもチャンスを与えられるのがテイクスなんです。社員に対しても同じです。
もっと上に行きたいという強い思いがあれば、会社は上に引っ張り上げる、そういう環境がテイクスにはあるんです。

技術者の前に社会人であること

IT業界に携わる覚悟がある方。っていうと重くなるんですが、「興味」がある方。この興味が本当にあるかどうか。正直ここに限ると思っています。

あとはこの業界に入ってみて、どういう仕事があるんだろう?どういうことが身につくんだろう?ということを考えながら、キャリア形成を一緒に作っていくスタイルなので、初めから、これと決めてしまったり、これしかやらないという人よりも、むしろもっと色々なことに興味があって向上心があるかどうかを私は見ています。
あとは、技術者の前に社会人であることの自覚を持ってもらいたいです。

お客様からよく言われる言葉で、「テイクスの人ってちゃんとしてるね(笑)」という言葉があります。
当たり前の話なんですが、稀に世の中の技術先行型人間の中には、時間が守れなかったり、自分で勝手に仕事に線を引いてしまったり、社会人としての自覚が欠けている人が見受けられるようです。

あなたという「ブランド」を作ろう。

「ブランド」を作る。これは個性を尊重して、個性を引き出すという意味です。

会社から与えられたミッションの中で動くと思っている人が多いですが、まずは「個」なんです。自分はこの技術を身に付けたい。あるいは自分はこういう取柄を持ちたい。という個人個人の意思や目標があって、初めて人としての成長があると思います。

テイクスは個人個人の成長があって初めて会社が成長する仕組みになっています。会社の成長が先行することはありません。

一人一人の「ブランド力」がそのまま会社の評価になり、会社の成長につながっていくわけですから、人には得手不得手がありますから、キャリア形成も含めて、業界がこっち向いてるから皆こっち向けではなくて、取柄は取柄で伸ばして、不得手は取柄に近づけられるように努力するというのがテイクスのスタイルです。

テイクスはここが違う

他のSIerさんとの違いは、テイクスは技術者に合わせて業務がチョイスできることです。
テイクスの特徴の一つに「業界特化」ではなく、「幅広い業界の技術領域に対応」しているところがあります。
おのずとお客様から頂く相談の幅も広くなって来るわけです。

案件は常に待機していますので、技術者にはできる限り希望に沿った仕事を提供することができるのです。
新しいフィールドで、是非あなたの可能性にチャレンジしてください!お会いできることを楽しみにしています!